石川テレビ

放送日:2021年9月18日

人と未来をつなぐ 能登の石工

志賀町にある中島石材店は来年ちょうど創業100年を迎える老舗の石屋。

4代目の中島正士さん(35歳)は墓石や灯籠など一般的な石材店の枠を超えた

仕事と作品作りで注目されている若手の石工の一人。

アパレルショップの石の調度品やホテルのオブジェ、

ミシュランの星付きレストランに石の食器をおさめたりと

県の内外で活躍の場を広げている。

しかし、中島さん本人はあくまで「町の石屋」だと話す。

過疎と高齢化で石材店の存続は厳しさを増し、統廃合などで学び舎が消え

友人も故郷を離れるなど中島さん自身、故郷の現状に寂しさを感じていた。

そんな能登で人と地域の未来とつなぐため、「町の石屋」であり続けることが使命だと

話す中島さんの思いを作品と共に紹介する

放送日:2021年9月11日

思いをつなぐ いす張り職人

何十年と連れ添ったソファーやいす。
ともに過ごした時間は何ものにも代えられません。
しかし、使えばあちこち痛んでくるのが当たり前。
そんな思い入れのあるいすを、
張り替え修理してくれる工房が石川県小松市にあります。
いす張り職人の天野達也さんが、注文を受けるいすは、
一つとして同じものはありません。
安価な家具が増え、使い捨てる時代。
そんななか天野さんは、持ち主はもちろん、
ソファーやいすを通し、過去の職人や歴史とも対話、
その思いを未来につないでいます。

放送日:2021年9月4日

笑顔が原動力 心で膨らむバルーン

バルーンデコレーター斎藤敏枝さん(55)。
金沢市を拠点にブライダル会場の装飾やグリーティングイベント、
カルチャー教室の講師などオールラウンダーで活動しています。
風船は丸くて可愛くて、人が寄ってきてくれる素材、それが最大の魅力と語る斎藤さん。
イベントものが減ってしまったコロナ禍は、バルーンギフトの需要が増えました。ご要望があったギフトは、手を抜かず全力で作る!がモットーという職人気質な性格。

ラッピング講師の資格をもつ斎藤さんの作品は定評があり
SNSや口コミで人気が広がっています。
いろいろな分野で多様性が求められる時代、これからのバルーンの可能性も考えながら出来る限り続けたいと話します。

放送日:2021年8月28日

骨接ぎの手が生むスモークチーズ

3年前、石川県小松市で開発されたスモークチーズが、
ふるさと納税の商品になるなど新しい名産品となっています。
作っているのは接骨院の院長、百井和浩さん。
10年前、患者の1人が作った自家製のスモークチーズを食べ
その味に感動したのがきっかけでした。

多くの人にこの感動を知ってもらいたいと、
燻製作りを始める百井さんですが、はじめは失敗の連続。
くん製作りに一番重要な温度管理、
最初は温度計を使っていましたが・・・
今では計るのは接骨院で患者を診る手です。
「得意な手を生かして箱を触るんです。くん製の箱。
そうするとくん製の熱だとか、外気温だとかがすごく伝わってきて、
そのときの状態が、中を見なくても分かるんで・・・」

納得のいくスモークチーズを作り上げるまで8年。
「骨のあるチーズ」として商品化され、
百井さんが感動した味わいは全国に広がっています。

放送日:2021年8月21日

神々に愛されし島 鹿島の森

石川県加賀市、大聖寺川の河口に
標高30m、周囲600mの小さな島があります。
鹿島の森と呼ばれ、島全体が国指定の天然記念物。
越前の神と加賀の神が、この美しい島を手に入れようと奪い合い
綱引きの勝負で決着をつけたという伝説が残されています。
代々神聖な場所とされ斧が入ることがなく、
この地域の太古の森の姿がそのまま残る島。
さまざまな生き物が住み数多くの伝説にも彩られています。
森のあちこちで見かけるアカテガニは、
500年前、火事を泡で消したとき、
手にやけどを負い赤くなったと言われています。
鹿島の森は、地域の人にとってシンボルでもあり、
神々に愛された神聖な島なのです。