主婦であり、母である山本美寿ディレクターがプレゼンテーターとなり、お得な生活情報を徹底リサーチ。常に日常のあらゆるジャンルにアンテナを向け、自らが生活大百科辞典になるべく、県内をひた走ります!

大掃除にも防犯にも役立つお片付け

放送日:12月03日(月)

121203shu1今回は1級整理収納アドバイザーで、さらにセイフティライフアドバイザーでもある家村かおり先生大掃除にも防犯にも役立つお片付けについて教えていただきました。

ものが少ないほど、片づけやお掃除がしやすいんです。
大掃除は、ものを減らすチャンス!
大掃除の時には収納されている場所から、ものを一度、全部出しましょう。
121203shu15
全部出して、要・不要の仕分けやお掃除をしたら、元にもどしましょう。
あっちもこっちもではなく、一か所ずつ順番に片づけていくのがポイントです。

普段から、リビングのものを少なくするためのポイントとして、リビングにカゴを用意するのもおすすめです。
カゴは、1人に1つずつ用意します。
121203shu5 
そのカゴに入る分しか、リビングには持ち込めない決まりにします。
カゴに個人のものを入れるだけで、リビングのお片付けは終了、あとは、個人が自分の部屋に自分で片づけるシステムにしておけば、お片付けが楽です!
121203shu13
続いては、フックを使ったお片付けのアイデアです。
121203shu19
先生は、リビングに入り台所に向かう動線にフックをつけて、カバンをかけられるようにしています。
そうすると、床にものを置かなくて済むので掃除が楽です。
この他にも、例えば玄関にフックがあると、子供のお布団など、翌日使う物をかけておける上に、お掃除もラクラク!
121203shu18
脱衣所にあれば、ベルトや保育園のお着替えバッグなどがかけられます。
121203shu12
キッチンでは、水筒ケースやお弁当袋をすぐに片づけられます。
そして、2階の踊り場には非常用持ち出し袋をかけておくと万が一の時に役立ちます。

また、玄関には傘立てではなく、ポールを使って傘をひっかけておくと玄関のお掃除もしやすいですね。
121203shu17
さらに、使わないのに場所をとるハンガーも、つっぱり棒などを使ってかけておくと、クローゼットのスペースを有効に使えます。
121203shu16
家具を配置する時にも一工夫するとお掃除がしやすいですよ。
TVボードの裏は配線が多く、電気機器周りはホコリがたまりやすいので、常にモップをかけられるように掃除道具が通れる道を作ります。
121203shu14
さらに、家具は足の高さが高いものを選べば、家具の下や裏を掃除するのも簡単です。
121203shu11
さて、年末年始は物騒な時期。
実は、家の中も外も散らかっているお宅は、狙われやすいんです。
防犯のためにもお片付けは大事なんです。
121203shu6
家が片付いていない人は、物がなくなっても、すぐには気が付かに事が多いんです。
                   
さらに、鍵をかけていないことにすら気が付かない人もいるんです。
121203shu8 121203shu21
ドライバーやスコップなどがあれば、すぐに窓を割って鍵をあけることができます。
121203shu7 121203shu9
また、脚立を使って、家に侵入されることもあります。

こうしたものを外に置いておくことは、やめましょう。
121203shu10
また、戸締りもしっかりしましょう。

リフレッシュTOPへ

アーカイブ

コーナーを選択