今や料理の出来る男子はあたり前!「お弁当男子」も出現し、肩身の狭い思いをしている世の旦那様も多いはず。と同時に、奥さま方の興味は「簡単レシピ」!石川を代表する有名店のシェフや料理人が、簡単かつプロの味とその技を、伊藤慎祐アナに直伝!安い、時短、栄養バランスにこだわったレシピ、ぜひお試しあれ☆クイズもあります!

香り広がるカルトッチョ

放送日:09月18日(火)

120918co1今日の先生はラ・フォレスタの村田さんです。
メニューは、「香り広がるカルトッチョ」

<材料> 2人分
・オリーブオイル(ヴァージン&ピュア) 適量
・タラ 4切れ
・サケ 4切れ
・甘エビ 6尾
(大きければ2尾)120918co4
・トマト 1/2個
・しめじ 1/4パック
・レモンスライス 1枚
・バジリコ 適量
・タイム 適量
・卵黄 1個
・パイシート
・にんにく 1かけら
・白ワイン 100cc
・塩・こしょう 適量
・小麦粉 適量

食材提供は、イオンかほく店です。

カルトッチョは「包み焼き」という意味です。
今回はパイシートを使います。

手順①
大きな殻付きを使う場合、甘エビの殻をむく。頭と尻尾の部分は残しておく。
余計なヒゲもカットする。
120918co22
手順②
タラとサケの切り身に塩・こしょうをふり、小麦粉をまぶす。
120918co13
手順③
フライパンにオリーブオイル(ピュア)をひき、つぶしたニンニクを入れ、タラとサケの両面をさっと焼き色をつける程度に焼く。
120918co8120918co23
手順④
焼けたら、風味づけに白ワインを入れ、アルコールをとばす。
タラ・サケをいったん取り出す。
フライパンに残った白ワインは残しておく。
120918co21120918co3
手順⑤
トマトはダイス状に切り、しめじは小房に分ける。
120918co24
耐熱皿にオリーブオイル(ピュア)を塗り、下から順に、
1・トマトを真ん中に盛る。
120918co2120918co9
2・タラ、サケをのせる。
120918co28
3・甘エビを散らす。
120918co20
4・レモンスライスを添える。
120918co27
5・しめじを入れる。
120918co11
6・最後にハーブを入れる。
120918co17120918co18
手順⑥
次に手順④の残った白ワインを回しかけて、オリーブオイル(ピュア)をかける。
120918co15120918co16
手順⑦
耐熱皿のまわりに卵黄を塗り、あらかじめ伸ばしておいたパイシートをかぶせて、フタをする要領でピッタリと
くっつける。
余った卵黄をパイシートに塗る。
120918co6120918co26120918co14
手順⑧
200度に温めたオーブンで5~10分焼く。
120918co25

完成!
120918co5

リフレッシュTOPへ

アーカイブ

コーナーを選択