石川テレビ

放送日:2018年10月20日

朗読小屋は町の文化

浅野川からほど近い金沢市尾張町に建つ「朗読小屋 浅野川倶楽部」
2005年のオープン以来、市民にむけた朗読講座を続けている。
講師は小屋の代表で、舞台女優として活躍した髙輪眞知子さん。
受講生たちは年2回の公演にむけて稽古を重ねている。

泉鏡花や徳田秋聲が生まれ育ち、作品の原風景となった浅野川界隈。
江戸時代から明治にかけて芝居小屋や寄席が立ち並びにぎわった。
かつての劇場文化の町で郷土文学作品の朗読を公演する。
朗読が金沢の文化のひとつとなることをめざして。

放送日:2018年10月13日

幻のトウガラシ 剣崎なんば

放送日:2018年10月6日

金沢仏壇の蒔絵師

国指定の伝統工芸品「金沢仏壇」は扉や引き戸、柱に至るまで美しい絵や細工が施され

蒔絵仏壇とも呼ばれ、全国にその名を知られています。

蒔絵師、大竹喜信さん(45)はその技術を守る伝統工芸士の一人。

実家は明治から3代続く木地師の家でしたが、

その美しい世界に魅せられ蒔絵の道へ進みました。

しかし、絵が上手いだけでは本当の蒔絵師とはいえないと教わります。

手を合わせたくなる蒔絵を…。

修行時代の師匠からの教えを胸に精進し続ける大竹さんの思いを伝えます。

放送日:2018年9月29日

花開くことを願って オテラート

金沢市内では毎年、全国的にも珍しいアート展が開かれている。

お寺を会場にしたアート展で、「お寺(otera)」+「アート(art)」で

名前は「oterart(オテラート)」。

今年で9回目を迎え、今回は宗派を超えて11の寺を舞台に

およそ60人の作家や学生が作品を出品した。

もともとは金沢市の東側の同世代の若手住職3人が始めたものだったが

次第に地域も宗派も越えてお寺の輪が広がっている。

最初はお寺として何ができるかと、寺のために始めたアート展だったが

次第に住職たちの思いは変わってきているという。

芸術や文化への造詣が深い金沢ならではの奮闘を若手作家たちのアートと共に紹介する。

放送日:2018年9月15日

昆虫とふれあい 自然に興味を